去年Pentax SPを入手しまして、
標準で付いている55mmレンズよりも
28mmを別途入手してそれで撮る方が多い訳ですが、
kashimasaはやはりこの28mmという画角が好きみたいですね。
目の前にあるもの全てが画角に入るので、
何も考えずパッとシャッターを切ることが出来る。

Pentax SPの前はNikon New FM2をよく使っていまして、
これには50mm F1.8のパンケーキレンズを付けて使っていました。
いちばん基本になる50mm単焦点ですので、
これを使えば何でも「工夫次第で」撮影できてしまう。
そういう意味で一番使いやすいのは50mmなのかもしれませんけど。

ただ、50mmというと、目の前の風景全てを切り取るにはいくぶん狭い
「目の前の風景の中で一番目に付いたこれ!」
という切り取り方になるわけです。
だから全てを切り取ろうとすると何枚かに分けて、
ひとつひとつ解説するように切り取ることになるんですよね。
そうじゃなくて、ぜーんぶを一気にという時は、
28mmの方が楽です。

しかもSPの標準レンズは50mmではなく55mm。
この差が結構「狭いなあ」という感じがするもので、
ほとんど28mmを付けっぱなしにしています。
遠近感が付いて面白い撮り方も出来るし。
開放が3.5なのでボケは作りにくいですがね。

Fマウントでも28mm単焦点を入手しようか迷いどころ。
なんだか、1万以下で買える28mmF2.8レンズがあるらしいんですよね。
しかしなぁ、これ以上レンズを増やすわけにもいかないなぁ。

……Pentax SP+SMC Takumar 28/3.5の組み合わせが最強という話でした。