for over a thousand years

何気なく撮影した写真でも、
後で見返した時には貴重な1枚になっている、ということが稀にあります。
この写真もそうですね。
2009年当時は鎌倉の観光名所の1つでしたが、
もう見られなくなってしまった訳ですから。
人的ミスによるものではないので、仕方ない話ですけどね。
保存されたもとの幹の部分から新しい芽が出てきて
それが今ではすくすくと育っているという話です。
あれ、そういえばこの何年か後に見に行ったな。

鎌倉幕府第3代将軍の源実朝がこの大銀杏のところで暗殺されたとか
そんな伝説も残っているくらいに長い歴史のある木でした。
小学校の修学旅行の時に初めて見たのですが、
教科書に載っていた人がずっと昔にここにいたと感じられるのが
なんだか興奮しましたねえ。

ちなみにその修学旅行の時に撮影した大銀杏の写真には
心霊らしきものが写っていて、
クラス内でちょっとした騒動になりました。w
さすがにその写真は残ってないだろうなぁ。

この時は再び心霊を写し込んでやろうと、
何枚か大銀杏を撮影しましたが、どれにも写っていない気がします。
いや、それが正常なんだって。
結果的にはどれも貴重な写真になったね。

Date of taken: 2009/9/21
Taken at: Kamakura
Camera: Nikon F60D
Lens: Sigma 28-200mm D F3.8-5.6
Film: Neopan 1600 Super-presto

Date of develop: 2009/9/?
Dev. settings: unknown (D-76 stock)