kashimasaが主に使っているフィルムや印画紙、薬品の紹介。
価格などは2018年2月10日現在のものを載せています。

フィルム

  • Kentmere Pan 400

イギリスのHarmanという会社から販売されているモノクロフィルム。
HarmanはIlfordのフィルムを販売している会社でもあります。
IlfordのFP4+、HP5+の廉価版がそれぞれKentmereの100と400だという
噂もあります。ほんとかな。

比較的最近になって販売されるようになったらしく、現像データも
昔は調べても出てこなかったのですが、今ではMassive DevChartに
ちゃんと載っています。安心して使えますね。

kashimasaがこれを使う理由……それはなんと言っても、安いから。

B&Hというアメリカの通販サイトで個人輸入すると、
約6,000円で100ftの長巻を購入することができます(送料込)。
長巻1缶から36枚撮りを約20本作れますので、1本あたり300円ほど。
普段使いするにはこれくらいの値段がいいですよね。

ちなみにヨドバシカメラでも買えますが、12,300円します。うげー。

  • Kentmere Pan 100

同じくKentmereのISO100のモノクロフィルム。
数年前に安かったので購入してみたものの、
なぜか100を買ってしまったため消費が進まず放置されていた。
昨年、無理やり+2増感で400として使用していましたが、
意外と悪くない結果でした。
ちなみにB&Hでは送料込みで5,670円ほどで買えます。
あれ、こっちのが安いのか。

どちらも特性は似ていますが、割と穏やかめな描写をすると思います。

  • Kodak 400TX (Tri-X)

これが生産終了になったらモノクロ写真もいよいよ本格的に終焉かも。
それくらい歴史のある、モノクロ高感度フィルムのスタンダード。
フィルムを使う人が少なくなって、エラく高くなりましたが、
それでもたまには使ってやろうと思うよ。
B&Hでの価格は約9,600円。国内だと2万近いです。

  • (FOMAPAN 400 / Arista EDU Ultra 400)

まだ使ってみたことはないけど、現在気になっているフィルム。
東欧はチェコ製。そしてやはり、安い。
B&Hで長巻(Aristaの方)が6,120円だそうです。
400TXと似た特性との噂。
試しに36枚撮りを1本買ったので、それを試してみて
良い感じだったらこれに乗り換えてもいいかなぁ。

印画紙

プリントはまだ始めてから1年くらいしか経っていなくて、
この紙がいいとか、違いがよく分からないので、
やはり重視するのは、価格。

  • Arista EDU VC RC Pearl

樹脂コーティングされた「RC紙」という印画紙の中で、
色フィルターを替えることでコントラストを操作できる「多階調紙」。
これが一番楽です。というか、他はkashimasaには無理。

Amazon.comで買うのが一番安いです。

5×7インチ(2L版)の250枚入りが9,000円くらい。
8×10インチ(六切)の100枚入りが8,800円くらい。共に送料込み。

ヨドバシだとAristaの紙を売っていないので単純比較できませんが、
オリエンタルというブランドの5×7 50枚入りが3,100円、
8×10 20枚入りが2,840円です。
単価で見れば高いですが、少しだけ使うならこれもアリか。

薬品

現像液

  • Kodak TMax Developer

KodakのTMaxフィルムを現像するために開発された専用現像液。
とかいいつつ他のフィルムも普通に現像できる。
モノクロフィルムの現像液といえばとりあえずD-76と言われますが、
最初から液体で売っているTMax Developerをkashimasaはオススメします。
楽だもん。

ヨドバシカメラで2,600円。
個人輸入する旨味はないので国内で買いましょう。

  • Rodinal (Adox APH09)

TMaxは1+4(5倍希釈)が使用液の標準濃度ですが、
それ以上に薄めて、時間をかけて現像する「静止現像」が可能で、
ハマっているうちにより静止現像に向いたこれを入手。
1+200などという「ほぼ水」な現像液でも現像できる。
そんな使い方をしているので、全然減らない。w

値段を調べようとしたら、どこのサイトでも売ってない。あれれ。

  • Ilford Multigrade Developer

印画紙用の現像液。
プリントの現像液はまだいろいろ試してなくて、
とりあえずIlford使っとけば間違いないやろ、的な判断。
ヨドバシで2,850円。

停止液

  • Adostop

Rodinalを買った時についでに買った停止液。
フィルムにもプリントにも使えるみたい。
前はこれもIlfordのものを使っていましたが、
ぶっちゃけ、中和できるなら何でも良いと思うよ。
もう使えなくなると色が変わるのは便利だね。

定着液

  • Ilford Rapid Fixer

フィルムにもプリントにも使える定着液。
よく分からんけど「無硬膜タイプ」っていうのが良いらしい。
ヨドバシで2,210円。