好きでやっていることというと、
何でもかんでも調べたくなってくるもので
敢えてこうやってコーナーを作らなくても
「知ってるよ!」と言われそうなんですが。

あ、調べた結果ここに辿り着きましたか。そうでしたか

というわけで、kashimasaのPentax SPを例に、
MFのフィルム一眼レフカメラにフィルムを入れる行程を
説明していきます。
機種によってちょっとずつ見た目が違ったりしますが、
基本的にやることは一緒です。多分。

お手本役、Pentax SPさん。

裏蓋を開ける

まず蓋を開けないとフィルムが入れられません。

蓋を開けるには、

フィルムを巻き戻す時にクルクル回す部分(クランク)が
左側上部(撮影するときに持つ位置で)にあるので、
それを起こして、上に引きます。

※上に引くときにロック機構が付いているカメラもあります。

1cmくらい引き上げたところで止まりますが、

引き上げた隙間のところに指をかけて、更に上に引っ張ると、

「パカッ」と裏蓋が開きます。

※裏蓋は中にフィルムが入っていないことを確認してから開けましょう!
フィルムを巻き戻さずに開けてしまうと、撮影した画像が消えます!

フィルムが入っているか確認するには、
クランクを反時計回りに回してみます。
何処までも抵抗なく回せる場合はフィルムは入っていません。
何周かしたところで止まったら多分入ってます。開けちゃダメ

パトローネを入れる

蓋を開けると向かって左側(クランクの下)に
フィルムのパトローネを入れるスペースがあるので、
そこに差し込みます。

パトローネの出っ張りの部分が下になります。
上下逆さに入れているような状態ですね。

パトローネがちゃんと収まったら
クランクを押し戻して元のようにしまいます。
うまく入らない時は少し回しながら押すと下まで入ります。

これでパトローネが固定されて、後の作業の間に
落ちてしまったりしにくくなります。

フィルムを巻き付ける

フィルムの先端(ベロ)を引っ張り出して、
パトローネ室と反対側にある軸の、隙間のところに
差し込んでいきます。

隙間の位置が奥の方にあって差し込みにくいときは、
指で軸を回したり、巻き上げレバーを動かしたりして
差し込みやすい位置に隙間を持ってきます。

抜け落ちないようにしっかりと差し込みましょう。

差し込めたら巻き上げレバーを動かして
フィルムを少し巻き取っていきます。
この時に軸から外れてしまったら、
もう一度差し込むところからやり直します。

巻き上げレバーが充分に動かせなかったら、
シャッターボタンを押して、更に巻き上げます。
1コマか2コマ分巻き上げればもう大丈夫なはずです。

この時に、

  • 巻き上げ軸の横にある歯車とフィルムの穴がちゃんと噛み合っている
  • フィルムを巻き上げるのと同時に巻き戻しクランクが動いている

ことを確認しておいてください。

確認できたら裏蓋を閉めます。
「ボン」と音がするまでしっかり閉めましょう。

フィルムを送る

裏蓋を閉める前に出ていた分のフィルムは既に感光しているので、
シャッターを切っても写真が写りません。
そこで、写る位置までフィルムを送り出す必要があります。

蓋を閉めた直後のフィルムカウンターは0より前の位置
(いわば「-2」の位置)を示しているので、
これが1になるまで巻き上げて、シャッターを切ってを
繰り返します。

とは言っても、1の位置まで巻き上げてしまうと
不用意にシャッターボタンを押してしまう可能性があるので、

0の位置でシャッターを切った状態で止めておけば、
次に巻き上げた時にすぐ撮影出来る状態になります。

ちなみに、フィルムを差し込んですぐに裏蓋を閉めれば、
規定枚数より何枚か多く撮影することもできます。多分2コマ分くらい。
ちょっとした節約術?です。でも巻き上げ出来たかは確認出来ないね。

フィルム感度をセットする

カメラ内蔵の露出計を使わない人はもう撮影準備完了ですが、
大体の人はファインダー内の針を見て明るさを確認すると思うので、
もうひと手間あります。

シャッタースピードダイヤルを、上に引っ張りながら回します。

引っ張ると縁のところだけが上がっているのが分かるでしょうか。

その状態でダイヤルを回すと、「ASA」と書いてある部分の
小さい数字が変わっていきます。
写真の状態だと「400」に設定されています。
特別な意図がなければ、今入れたフィルムの箱やパトローネに
書いてある数字と同じにしておけば大丈夫です。

え、よく見てなかった?箱もない?
んー……そしたら己を信じてとりあえず100にでもしておこう。

まぁ、数コマ分損しますけど一旦蓋を開けて確認するしかないですね。
撮影し始める前ならまだ救いはあります。

気の向くままに撮影する!

ここまで済んだらあとは撮影するだけです。
自由に楽しみましょう。フィルムが終わるまで。

 

撮影した後の「フィルムの取り出し方」は、
またそのうち作ります……。

作りました