解説できるほどkashimasaも詳しいわけではないのですが、今まで何種類かのフィルムカメラを使ってみて、
どういうことを基準にしてカメラを探していくと自分に合うカメラが見つけやすいかについて
フィルムカメラをやってみたい人向けにまとめてみました。

一番大切なことは、「フィルムカメラをどういう風に使いたいか」を突き詰めていくことです。
もったいぶって言うほどのことでもなく、至極普通のことではありますがね。

――フィルムカメラって楽しそう。かっこいいなぁ。
そう思うきっかけになった「カメラ」のビジュアルがきっと頭のなかに浮かんでいるはずです。
その脳内イメージのカメラがどれなのかを以下で見極めていきましょう。
特に正解があるわけでもありませんし、「これだ!」と思えたものがその人の選択です。

カメラの種類(仕組み)で選ぶ

フィルムカメラにも大小いろんな種類があります。
気軽に持ち歩いて日常を収めていきたいのか、もしくは表現を極めたいかでも機材の選択は変わってきますよね。
カメラを大まかに仕組みで分けると、コンパクト、レンジファインダー、一眼レフといった種類があります。
どれかひとつを「普通のカメラ」とすることも出来ませんが、一番自分のイメージに近かったものをどうぞ。
それぞれ一長一短あります。見た目の確認と合わせてググって調べてみてください。

ちなみにkashimasaの中では「一眼レフ」がしっくり来たので、これまで専ら一眼レフカメラを使い続けてきました。

もう一つ、カメラの種類というか一ジャンルとして「ハーフサイズ」というのもあります。
これはフィルムの一コマ分を半分ずつ使うので、36枚撮りのフィルムを入れたら72枚も撮影出来るんです。
結果的に2倍撮れるというコスパ抜群の優れもので、更にカメラ自体も小ぶりでかわいいものが多い。
日常持ち歩き用フィルムカメラが欲しい人は、「ハーフサイズ」も頭の隅っこに置いとくといいかも知れません。

AFかMFか

カメラの種類を決めたら、そのカメラを「どうやって操作するか」をイメージしてみましょう。
ダイヤルやレバーなどをガチャガチャして操作したいならMFのカメラ、
デジタルと同じようにピッピッと撮影を進めていきたいならAFのカメラを選ぶことになります。
※MF=マニュアルフォーカス、AF=オートフォーカス です。要は操作が「手動」「自動」の違い。

MFの特徴……機械いじってる感、電池が要らない、時間がかかる、めんどくさい
AFの特徴……簡単、速い、思い通りにならないことがある

使いやすいのはAF付きカメラですが、MFの操作にハマると楽しいんだなぁ、これが。

メーカー

「自分の使いたいカメラはこれかな?」というイメージがだんだん固まってきたと思いますが、
メーカーまで決まるとより具体的に機種の絞り込みができるようになります。
あまりこだわりがなければそれでもいいのですが、例えば既にデジタル一眼レフを持っているなら、
同じメーカー(マウント)にしておけばレンズを共用することもできますし。

フィルムカメラは何十年前の製品も珍しくないので、もう今はないメーカーなんていうのも結構出てきます。
そういうところから選んでいっても面白いかも知れない。

見た目、使いやすさ、価格

大体の方向性が決まったら、あとは気の向くままに調べてみましょう。
中古カメラ店のオンラインショップやヤフオクを覗いてみて、目に留まるものがあれば
その機種名を検索してその機能を調べて、関連した機種を探して……といったような感じです。
実際にはネット通販で買わないにしても、どれくらいの価格なのか、どんな機種が人気なのか、
なんとなく感覚が摑めてきます。

おすすめ

と、言ったところで独断と偏見によるkashimasaのオススメフィルムカメラをいくつか挙げておきますよ。
あくまでkashimasaがいいと思ったものですので、万人受けするかどうかは責任もてません。

Canonのデジタル一眼レフ(EFマウント)を持っている
→同じCanonのEOSシリーズにしましょう。EOS 7sなんか良いみたいだよー。

フィルム写真を真面目に勉強したい。デジタルとは別のアプローチで存分に楽しみたい。
Nikon FM3AもしくはNew FM2ですね。レンズは50mm F1.4の単焦点レンズをまず買ってください。

どこにでも持って行ける小型で、それでいてちゃんと撮れるカメラが欲しい!
→オリンパスのXAもしくはPenシリーズ(ミラーレスじゃないよ)が良いんじゃないかな。
リコーのオートハーフっていう機種も面白そうなカメラです。使ったことはないけど。

カメラ好きの知り合いにドヤれるようなカメラを使いたい。
→歴史と伝統のライカ、コンタックス、ローライなどドイツのメーカーはいかがでしょう。

誰ともカブらない個性的な機種を使いたい。
PETRIとかどうよ。あとはロシアのメーカーとか。知らんけど。

ひとまず低予算で買えるカメラが欲しい。
Pentax SPなんかは50年以上経ってるし大変売れたカメラだそうですのでほぼ投げ売り状態ですよ。
(高くても5,000円くらいで使える物が入手できます)
もしくはEOSシリーズの中には1000円程度でも入手出来てしまうものがありますし(Kissとか)、
ハード○フのジャンク箱の中には100円だとかでコンパクトカメラがゴロゴロしています(使えるかは分からん)。

とりあえず、「どんなんかなー?」って試してみたいだけなんです。
→「写ルンです」でフィルム画質を体感セヨ。
ちなみに世の中には「フィルムの交換が出来る使い捨てカメラ」なんてものもあるんだぜ。
もしかすると良いカメラを買うよりも、写ルンですで撮った方が「フィルムっぽい」写真は撮れるかも知れない。

 

欲しいと思ったタイミングですぐに試せるという意味では、「写ルンです」が最強かもしれない気がしてきた。
……みんな、まずは写ルンですを買おう。w