モノクロフィルムを常用する人の中でも、
これを使うようになる人、ならない人と両方いるらしいです。
kashimasaは使うようになった人。

長巻フィルム(バルク)とは

そもそも長巻フィルムとは何なのかについてまず説明しておきます。

現在もっとも一般的と思われる35mmフィルムは、
パトローネと呼ばれる専用の入れ物に36駒分(あるいは24駒分)が
入った状態で販売されていますが、
パトローネなしで中のフィルムだけで販売されているものが
「長巻フィルム」とよばれています。

「長巻」の他、「長尺」「100ft巻」「バルク」などと呼ばれています。
その名前の通り100フィート(約30m)分のながーいフィルムが
箱(または缶)の中に入っているんですね。
ながーい100フィートから撮影に使う分だけを切り出して、
自分でパトローネに入れて撮影に使います。

ま、要は詰め替え用フィルムということですね。

長巻フィルムを使う利点

安い

kashimasaを含めてほとんどの人が長巻フィルムを使う理由は
「安い」から。これに尽きます。
パトローネに入って売られているフィルムには、
当然パトローネやフィルムケース、箱の値段も含まれています。
パトローネがない長巻フィルムは、その分のコストを抑えて
経済的にフィルムを消費することができるんです。
長巻フィルム1箱から36枚撮りが約20本作れるので、
気になる方は36枚撮りx20本と長巻フィルム1箱の価格を
比較してみてください。

最近はなんでもかんでも値上げしてるので、
たまに長巻のが高いとかいう状況も起きていますが……w

枚数を決められる

現在販売されているフィルムはほとんどが36枚撮りです。
24枚撮り、12枚撮りもよく探せばありますが、
ラインナップ縮小で「同じもんなんだからええやろ」的に
36枚撮りだけにされてしまう事例が多発しています。

一方で、長巻は自分でフィルムを巻き取るので、
枚数を自分で決められるんです。

ちょっとカメラのテスト用に使いたいだけ、と
例えば5枚撮りなんていうこともできます。
逆に40枚撮りなんてこともできなくはないですが、
パトローネに巻ける量にも限界があるので、ものによっては厳しいかも。

長巻フィルムを使う欠点

もちろん、欠点もあります。

自己責任

自作したフィルムなので、何か不具合が起こったり、
ちゃんと撮影できていなかったとしても、
クレームを入れる先がありません。ぜんぶ自分のせい。
お店に現像を頼もうとしても長巻フィルムは断られることが多いみたい。
ま、いろんなことが起きても動じない人向けですね。

使えないカメラがある

昔ながらのフルマニュアルカメラならたいてい問題ないですが、
感度を自分で設定できない(自動設定される)カメラなどでは
正しく感度が設定されなかったりして、使えないこともあります。
DXコードというバーコードが付いているパトローネを使えば
回避することもできますが、
ちょっとめんどくさいと感じる人もいるかもしれない。

最後の駒がカブる(ことがある)

カメラにフィルムを装填する時に光に当たるので、
現像したフィルムは1駒目より前に真っ黒の部分がありますが、
バルクローダーで巻き取ったフィルムは、それが最後にもできます。
軸を取り付ける時に反対側の端も一旦感光してますからね。
その結果、最後の駒が真っ黒ゾーンに埋もれてしまうことがあります。
35駒目、36駒目で決定的瞬間は狙わない方が良いかもしれません。

……ま、そんな感じのフィルムです。
たくさん撮影する人ならお得なんだと思うよ。