Pentax SP with SMC Takumar 28mm F3.5

入手: 2017年7月

父親からもらったSPFはどうやっても露出計がおじいちゃんなので、
最初からジャンクなSPを入手して勘露出に慣れようと
2,000円くらいでヤフオクで入手。
そしたら、こいつに限って露出計がちゃんと動く。
Super Takumarの55mmがセットだったので非常にお得でした。

細かい部分を紹介しなくても
見た目はSPFとほとんど同じです。
ただこいつはブラックボディというだけだ。
昔はブラックボディの方が値段が割高だったらしいよ。

誇らしげな「SPOTMATIC」の文字。
プロトタイプが発表された時はスポット測光ができる機種と言うことで
SPOTMATICの文字を入れたらしいんですが、
その後一般向けの使いやすさを優先して、平均測光になって発売された。
つまりこのSPOTMATICという文字は、嘘です。w

モノクロ写真で掲載しているので伝わっていないと思いますが、
あまりにも貼り革が汚かったので、新しく貼り替えています。
黒ではなくて茶色です。
紺色のものを注文したんですが、「練習用」で入っていた
茶色の革を貼ってみたらそれも悪くなかったので、
もう茶色でいいじゃないかと。w
気が変わったらまた紺色に貼り替えるかもしれない。

このSPの販売期間は1964年~1974年。
最後期に発売されたものだとしても44年前、
初期のものだとすれば50年以上前のカメラです。
それでも、必要な機能が今でも全て使えるってすごいことだよね。
セットで付いていたSuper Takumarの製造時期を考えると
多分1960年代後半のものではないかと思います。

より高機能な機種も持っているkashimasaですが、
なんだかこれを入手して以降、ついこればかりを使ってしまっています。
New FM2を手放す気は全くないんですけどね。
何なんでしょうか、この得体の知れない魅力は。