入手: 2019年2月

しばらく「新しいカメラ欲しい欲」を押さえていましたが、久しぶりに「カメラ」を買いました。
カメラって言って良いのか微妙なラインですが、実際そうやって使えるわけですし。

去年何回か写ルンですを使ってみる機会がありまして、
非常にプリミティブながら大失敗もしにくいという実はすごい機能性に改めて惹かれまして。
安いのにおぬしやりおるな。トイカメラ使ってた頃を思い出して少し懐かしくもなったり。

ただ、写ルンですにも欠点はありまして(画質云々は除外するにしても)、
ひとつには価格、そしてフィルムの選択肢がないこと。
フィルム単体よりも高いのにその付加価値分は1回限りしか使えないのも何だか勿体ない。
たまにはこういう気楽さでモノクロでも撮影してみたい、けど売っていない。
(ILFORDからモノクロフィルムが入った使い捨てカメラが出てますけどね。
kashimasaが買ってみたものが運悪く不良品だったので正直あんまり良いイメージはない……)

で、「写ルンですのフィルムを詰め替える裏ワザ」を調べていたところ、
そんな裏ワザみたいなことをしなくてもLomographyから発売されてるよーという情報をキャッチ。
(使い捨てない使い捨てカメラ……禅問答みたいだw)

そんなわけで見た目は非常に安っぽい。てか実際に安いんですけどね。
税込で2000円もしない。写ルンですにしては高いけど使い捨てない訳ですから。

「ANALOGUE MADNESS」ってなんでしょう。w アナログの狂気?

使い捨てカメラなので既にフィルムが入っている訳ですが、
入っているフィルムがモノクロ、カラーネガ、リバーサル(クロスプロセス用)と選べます。
どのフィルムを選ぶかによって本体色も違う。
モノクロ以外はフラッシュのところにカラーフィルターが付いていて、
よりクリエイティブな遊びができるみたいです。

ファインダー側。説明書きがびっしり。
「知っとるわ!」ということしか書かれてません。まぁまぁ、使い捨てカメラなんで。

しかしよく見ると

使い捨てカメラにはあるまじき「巻き戻しスイッチ」!
※実際にはフィルムを入れた直後のフィルム送りスイッチです

側面には禁断の「裏蓋オープン」スイッチ!

実際には表面に巻いてある説明ステッカーのお陰で
初回のフィルムを使い切るまではパカッといかないようになっているんですがね。
そして「裏蓋を開けた後はどう使おうが自由だけど俺らは知らんよ」とのこと。

シャッターボタンはしっかりと押した感触があって、カウンターも見やすい。
気軽に使えるカメラだけど、巻き上げの「ジージー」ってあの音、結構目立つよね。

さて撮影してどうだったのか……フィルム撮りきっていないので未だ不明。写ってれば文句は言いませんけどね。