入手: 2018年8月

EFマウントのマクロレンズ「EF 50mm F2.5 compact macro」専用のコンバーター。
これを付けることで最大倍率を等倍にすることができるというアクセサリーです。

元々はEOS 60Dとコンパクトマクロの組み合わせでフィルムの取り込みをしていたのですが、
6D mark IIに買い換えたところ、取り込めるフィルムの画像がものすごくちっちゃくなってしまいまして、
せっかくフルサイズ機にしたので大きく取り込めるようにしようと
これまたヤフオクで入手しました。古いレンズのアクセサリーなので結構安かった。

ま、ただの筒です。間にレンズは入ってますけどね。
さすがキヤノン純正品だけあって、これで撮影した写真のExifにはこれを噛ませたこともちゃんと記録されます。
とっても便利。開放絞りが1段分暗くなるくらいかな。
でも写真取り込むときはだいたいF8かF11なので全く気にならない。

 

コンパクトマクロに付けるとこんな感じ。
デフォでこの大きさだったら確かに「コンパクト」マクロとは言えないような。

でもやっぱり、これくらいの大きさの方がマクロレンズっぽいかも知れない。